横浜

『お取り寄せサイト』をひとつにまとめました。すべての蒟蒻しゃぼんを一度にお求めいただけます。

しゃぼんの謂れ

金沢文庫は鎌倉時代に当時の領主・金沢実時が私的に設けた現在でいう図書館のような施設です。鎌倉幕府の滅亡後は称名寺によって保管され、その後徳川家康によって一部が江戸城内に移されるなど紆余曲折がありました。

横浜の六浦湊は鎌倉の外港

直接外洋に画する鎌倉は、船をとめる設備に乏しく、増大する都市住民の消費をまかなうだけの物資の輸送にも支障を来すようになりました六浦荘は入海があり港湾に適した地形でした。『廻国雑記』によれば源頼朝は鎌倉の湊として「金沢(六浦)」「榎戸(横須賀市浦郷)」「浦河(横須賀市浦賀)」の三つを開いたとあります。鎌倉にもっとも近い湊、海流、海風、船の係留条件の良さ、物資・人の集散性などのいろいろな条件が揃っていた「金沢(六浦)」が発展したと考えられます。

 六浦湊は中国との貿易窓口のひとつでもありました。貿易船は唐船と呼ばれ、六浦湊からは金銀や刀などが輸出され、中国からは多量の宋銭、仏典や書物、武士などに好まれた陶磁器が輸入されました。

内海交通と横浜の六浦湊

六浦湊は海外貿易の拠点としてばかりではなく、東国の一大消費地として発展した鎌倉を支える重要な湊として機能しました。鎌倉時代の末には、房総や伊豆方面などから、年貢や物資を輸送する船が多く入港し、これらの物資は六浦道を通って鎌倉に運ばれました。六浦湊には物資の管理や輸送に当たった「間」が営まれ、鎌倉に通じる大道には関所が設置され、関銭の徴収が行われました。室町時代になりますと、六浦湊のほかに品川と六浦の中間に位置する神奈川湊が文献に現れて、品川湊・神奈川湊・六浦湊が東京湾内の物資の流通に大きな役割を果たしました。

このように、鎌倉幕府創成期からつながりの深い横浜六浦に、道元ゆかりの洗顔がもたらされたことと思われます。

copyright©2014 Konnyaku Shabon all rights reserved.